男の髪型〜くせ毛・天然パーマについて

メンズヘア-髪染め、脱色、ヘアカラー
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

メニュー > その他髪のトピック > くせ毛・天然パーマについて「原因と対処法」
スポンサーリンク

ヘアセットの天敵「くせ毛」「天然パーマ」

くせ毛・天然パーマ

頑固なくせ毛や天然パーマは、自由な髪型の天敵です。
クセが重度のものになると、ドライヤーのブロウや、適度の整髪料によるセットでは殆ど効果がなく、特に湿気の多い雨の日や梅雨の時期は、朝きっちり髪型をセットしても半日も保たずにクセが主張を始めます。
くせ毛対策を考える前に、まずはくせ毛・天然パーマ発生のメカニズムについて知りましょう。

1.くせ毛・天然パーマの原因

くせ毛や天然パーマの原因には先天性(生まれつき)のものと、後天性(生まれた後に発生)のものがあります。

直毛
くせ毛

【先天性の原因】
先天性の原因は「毛髪」と「毛穴」によるものがあります。

一つは毛髪内のタンパク質の構造によるもので、タンパク質の結合具合によって毛髪が直毛や縮れ毛になります。

二つ目が「毛穴」の方向によるものです。毛穴が皮膚に対してまっすぐ上を向いていると、毛発もまっすぐ直毛になります。毛穴が斜めにカーブしていると、毛髪も曲ってクセが生じます。斜め方向の毛穴が多いほど、くせ毛の数も多くなります。

以上二つは遺伝性の要因のため、食生活や環境改善で変化させることはできません。
一般にくせ毛の7〜8割が先天性のものであると言われています。

【後天性の原因】

  1. ホルモンバランスの変化
    ホルモンの分泌量が増える思春期や、分泌量が不安定になる更年期に起こりやすく、ホルモンバランスの変化が体質変化を引き起こし、直毛がくせ毛に変わることがあります。その他、男性ホルモンを急増させるような行為や食生活の結果、くせ毛が酷くなるケースもあると言われています。体質が変わった後では元の直毛に戻すのはほぼ不可能です。
  2. 抜け毛

  3. 強いストレス
    慢性的なストレスに晒されるとアドレナリンの分泌が多くなります。これが活性酸素の増加をもたらし、老化を早めたり、皮脂の分泌促進に伴う抜け毛の原因となります。このアドレナリンが毛穴を締め付けたり、毛根の形を変えてくせ毛を引き起こすとの説があります。また血行不良に伴う頭皮の栄養不足がくせ毛の要因になる可能性もあります。科学的な実証はありませんが、ストレスが髪や頭皮に良くないことは事実です。
  4. 不規則な生活習慣、頭皮や毛穴への刺激
    食生活の乱れ、睡眠不足は、頭皮の栄養不足や血行不良につながり、くせ毛になる可能性があります。また、整髪料やトリートメントの成分が頭皮に残った状態や、髪の洗いすぎによる皮脂の過剰分泌は、毛穴を詰まらせ、くせ毛を誘発します。
  5. 老化に伴う毛髪の劣化
    歳を重ねるごとに髪のハリはコシは失われてゆきます。その結果、直毛だったものが弾力を失い、縮れてくせ毛になります。
スポンサーリンク

2.くせ毛・天然パーマの対策 「生活習慣の改善と縮毛矯正パーマ」

【後天性のくせ毛対策】

先天性の原因によるくせ毛・天然パーマは、遺伝子や体質によるものなので、新たに生えてくる髪を直毛にするような根本的な解決策はありません。 ですが、後天性の原因によるものならば生活習慣や食生活を変えることで改善できる可能性があります。
「以前は直毛のストレートヘアだったけど、いつの間にかくせ毛が増えていた」「昔はここまでくせ毛が酷くなかった」と感じる人は以下のような点に気をつけてみましょう。

くせ毛対策

  • ストレスを溜めこまないようにする(上手く発散する)
  • タバコやお酒を控える
  • 規則正しい生活を送る(早寝早起き)
  • 食事では油や糖分を控える
  • 頭皮への刺激を少なくする
    →ヘアカラーに含まれる化学成分やシャンプーの界面活性剤は、種類や量によって頭皮に悪影響を与えます。天然成分のハーブシャンプーに変えて、くせ毛が改善されたという話もあります。
  • 男性ホルモンの異常分泌を抑える対策をする
    →亜鉛・クエン酸を含む食材や、ノコギリヤシなどのサプリメントを摂取する等

【先天性のくせ毛対策】

毛髪の構造や、毛穴の向きなど、生まれつきの原因によるくせ毛や天然パーマに対する有効な対処法は、現在のところ「縮毛矯正」をかけることしかありません。
幸い、パーマ技術の進歩によって縮毛矯正によって現在生えている髪については半永久的にストレートヘアにすることができ、髪へのダメージも大分少なくなりました。一度かければ半年〜一年はもちますので、極度のくせ毛にお悩みの方は是非一度試してみることをお勧めします。

縮毛矯正については下記項目で詳しく解説しています。
リンク:くせ毛をサラサラの直毛に「縮毛矯正」くせ毛、天然パーマ対策「縮毛矯正とストレートパーマ」
リンク:ホットパーマ「縮毛矯正」メンズパーマ「縮毛矯正」

3.くせ毛・天然パーマのセット法

くせの強い髪や天然パーマの場合、適切なケアを行なうことで髪のセットもしやすくなります。
基本的なポイントを紹介します。

シャンプー

◆シャンプー、トリートメントはしっかりと

髪と頭皮は常に清潔に保ちましょう。シャンプーはやり過ぎるとかえって皮脂の分泌を促進させ、薄毛に繋がります。正しいシャンプーの仕方を調べて余分な汚れのみを落とすことが大切です。
洗浄力の強すぎるシャンプーは避けるか、使用回数を減らしましょう。
シャンプー後、リンスやコンディショナーを使ったトリートメントは必ず行いましょう。髪に栄養と潤いを与えることで、髪が柔らかく滑らか・サラサラになり、クセを抑え、ヘアセットがしやすくなります。

◆ドライヤーを使った髪の乾かし方

ドライヤーブロー

洗髪後にやってはいけないのが、髪の自然乾燥です。髪は乾いた時の形がある程度維持されます。放置するとくせ毛の形で固まり、直すのが大変になります。クシでまっすぐに髪をとかしながら、ドライヤーを使って8割方乾かしてから自然乾燥させます。
高熱は髪を痛めてクセを酷くするので、ドライヤーはなるべく髪から離してブローしましょう。
また、洗髪後にタオルで髪をふく際も、こするのではなく、押し付けて水分をタオルに吸収させるようにすると髪が痛みません。

整髪料、ヘアアイロンを使う

ヘアアイロン

クセが軽度であれば、以上の対策である程度髪はまとまります。クセが強い場合は、整髪料を多めに使ったり、場合によってはヘアアイロンを使いましょう。
整髪料は髪全体にベタベタと塗るよりも、クセの強い所にピンポイントで使うとナチュラルな感じが出て効果的です。また、頭皮や毛穴に整髪料が付かないよう、根元に塗るのは避けましょう。
ヘアアイロンは髪を直毛にするのに大変効果的ですが、髪が高温になるためどうしても髪が痛みます。痛みの少ない評判の良い商品を使い、毎日のヘアケアを欠かさないようにしましょう。

【関連項目】

スポンサーリンク

トップに戻る