縮毛矯正について - かけ方や特徴など

男の髪型・メンズヘアスタイル
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

縮毛矯正とはどんなパーマ?

くせ毛を直毛ストレートヘアに変える縮毛矯正

縮毛矯正とは、パーマ液を使用する通常のパーマに、更に熱加工による形状記憶力を加えるホットパーマの一種で、ウェーブやカールといったクセではなく、真っ直ぐなクセを付けることで、天然のくせ毛を直毛のストレートヘアに変えるパーマです。

ホットパーマは熱を加えない通常のパーマよりも強くキレイにパーマがかかり、パーマも長持ちするという特徴がありますが、縮毛矯正の場合は独自の施術工程によって毛髪内に化学変化を起こして構造を変化させるため、より矯正力が強く、施術した箇所は半永久的に直毛状態になります(※新たに生えてくる髪には効果は及びません)。

スポンサーリンク


1.特徴(見た目の印象、髪の質感、仕上がり)

くせ毛・天然パーマを直毛のストレートヘアに

縮毛矯正後の髪は完全な直毛状態になります。髪の根元近くから毛先まで、髪全体に真っすぐのストレートヘアが実現します。

縮毛矯正も含め、パーマ全般はあくまで現在生えている髪に対して施すものであり、毛根にまで作用するものではないので、新たに生えてくる髪は元の髪の状態のままです。同じ状態を保ち続けるには、髪がある程度伸びる度にパーマをかける必要があります。

元々くせ毛がひどい人が縮毛矯正をかけると、縮れ気味だった髪が全て直毛になることで髪のボリューム感が予想以上になくなります。ボリュームがあり過ぎて困っているような人なら問題ありませんが、元々髪量が少なく髪が細い人の場合、地肌が透けてしまったり、ヘルメットのような見た目になってしまうこともあります。
縮毛矯正は髪へのダメージも大きいため、薄毛の人や髪にボリュームのない人にはあまりおすすめできません。

2.縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマは同じものと誤解されることがあります。髪をストレートの直毛状態にするという目的は一緒ですが、この二つは全く別物です(中には同じものとして扱っているサロンもあります)。

二つの違いは、縮毛矯正は生まれつきのくせ毛・天然パーマをストレートヘアに矯正する為のものであるのに対し、ストレートパーマはパーマで施した人工的なウェーブなどのクセを元に戻すためのものです。

天然のくせ毛を矯正した場合、縮毛矯正なら直毛効果は半永久的に持続しますが、ストレートパーマの場合だと矯正効果が弱く、通常のパーマのように時間の経過とともに徐々にくせ毛に戻ってゆきます。クセの強い髪だと効果がなかったり、あまり長持ちしないケースが殆どです。

単純に普通のパーマにおいて、まっすぐなクセをつけるのがストレートパーマで、熱処理なども加えて矯正効果をより高めた強化版が縮毛矯正とイメージしてもらえば良いでしょう。

縮毛矯正とストレートパーマの違い
 縮毛矯正ストレートパーマ
目的くせ毛、天然パーマを直毛(ストレートヘア)にする パーマによって施した人工的なクセを取り除く
髪の痛み・
ダメージ
大きい普通(一般のパーマと同じ)
施術にかかる時間3〜4時間位2〜3時間位
くせ毛に対する効果完全な直毛になるパーマによるクセは直るが、自然なクセや天然パーマへの効果は薄い
効果の持続期間半永久的種類によって1〜6ヶ月程度
価格・値段1〜3万円位5000円〜1万円位
その他 縮毛矯正・ストレートパーマ共に今生えている髪にのみ有効で、新たに生えてくる髪は変化せず

3.縮毛矯正のかけ方・施術手順

縮毛矯正のやり方・かけ方

おおまかなやり方・施術手順を示します。

  1. シャンプー後、ドライヤーやタオルで髪を乾かす
  2. パーマ液1剤(還元剤)を塗布
  3. 1剤が髪に浸透したら洗い流し、ドライヤーで8〜9割乾燥させる
  4. ヘアアイロンで根元から毛先に向かってプレスしながら流す
  5. パーマ液2剤(酸化剤)塗布し、放置
  6. 2剤を洗い流す
  7. トリートメントとスタイリング

◆自宅で自分で行うことは可能?

市販の縮毛矯正キット

市販の縮毛矯正剤を使って自分で縮毛矯正を行うこともできます。
必要なものは、業務用のような高温が出せる良質なヘアイロン、パーマ剤、パーマ剤を入れる容器、薬品から肌を守るための手袋・肩ケープ・イヤーキャップ、クシ付きブラシ等です。

通常、縮毛矯正キットに施術方法・手順の説明書きがあるはずですので、用法をしっかり守って行いましょう。

自宅で安く手軽にできるのがメリットですが、市販品はパーマ剤の質が美容院のものより劣るものが多いです。ムラなく上手にできなかったり、パーマのかかり具合や持ちが悪かったり、髪が大きく痛む恐れもあるので、商品は口コミ等も参考に慎重に選びましょう。安全にキレイなストレートヘアにしたいなら美容室やサロンの利用をおすすめします。

スポンサーリンク


4.縮毛矯正の特徴 まとめ

【髪の質感、仕上がりのイメージ】
根元近くから毛先まで、しっかりと直毛のストレートヘアになります。
たまに仕上がりの髪がペタっと寝てしまってボリュームがなくなることがあります。これは髪の根元が折れた状態で縮毛矯正がかかっているケースが多く、美容師のミスによるものが殆どです。髪が細く柔らかいと多少髪が寝てしまうことはありますが、完全にぺしゃんこにはなりません。

【向いている髪質、髪の長さ】
髪の長さは2〜3cmという短髪・ショートヘアでもかけられます。短い髪に縮毛矯正をかけるには高い技術が必要なので、料金も高めで全ての美容院で可能な訳ではありません。5cm以上あれば問題ありません。
髪質は極度のくせ毛や天然パーマ、硬く太い髪でもかけられます。
毛の量が少ないとキレイにかかりにくく、パサつきやすくなります。痛みが酷すぎる髪にはかけられません。(かけてもブチブチと髪が切れてしまいます)

【髪の痛み・ダメージ】
縮毛矯正はパーマ液によるダメージに、熱によるダメージも加わるため、一般のパーマより痛みが大きくなります。
最近では技術の進歩により刺激の少ないパーマ液やトリートメント剤・栄養剤の併用で痛みが少なめの縮毛矯正も可能です。この辺は美容師の技術や美容院の設備次第ですので、腕の良い美容師のいる評判の良いサロンを選ぶことが重要です。

【パーマの持ち】
縮毛矯正はしっかりかかれば半永久的に直毛状態が続きます。新たに伸びてくる髪は元の髪質のままですので、縮毛矯正のかかっていない髪の割合が増えてクセが目立ってきたらかけ直す必要があります。髪の長さや伸びるスピードにもよりますが、半年に1回位のサイクルでかけている方が多いようです。

【手入れ、スタイリング】

◆縮毛矯正をかけた直後

薬品の作用で髪の形が固まるまでに約2日間かかります。この間は髪を濡らしたりクセをつける行為はなるべく避けましょう。最初の24時間は髪を濡らさずシャンプーも行なってはいけません。できれば2日目も行わないと尚良いです。2日間がつらい時はシャンプーせずに水洗いだけ行いましょう。シャンプー後はブラシを使わず髪をドライヤーでしっかり乾かします。
2日間は髪を束ねたり帽子を被るなどクセのつきやすい行為をすると、そのクセが残ることがあります。なるべく髪に手を加えずに自然な状態を維持しましょう。

◆普段の手入れ・ケア

髪を痛める行為は極力避けます。髪をねじったりひっぱる様な行為はNGです。ヘアアイロンを強くかけるのもいけません。
シャンプー後は必ずトリートメントを行い、髪は自然乾燥させずドライヤーで乾かします。ブラシを使わずドライヤーだけで乾燥させ、9割方乾いてから最後にブラシで整えます。
シャンプーやリンスもクセ毛用の物を使うとなお良いです。

【施術時間と値段】
縮毛矯正をかけるのにかかる時間は概ね3時間前後です。必ず事前に予約をしておきましょう。お店や縮毛矯正の種類によってピンキリですが、2〜3万円が標準価格です。安ければ1万円代でかけてくれるところあります。決して安かろう悪かろうという訳ではありません。逆に高いのに仕上がりが悪い所もあります。美容室やサロンを選ぶ時は、値段よりもお店の評判や美容師の技術を重視しましょう。パーマの経験豊富な知人や口コミからの情報を参考にしましょう。

関連項目

スポンサーリンク

トップに戻る