似合う髪型を選ぶポイント

男の髪型・メンズヘアスタイル
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

メニュー > 似合う髪型を選ぶポイント
スポンサーリンク

まずは髪型・ヘアスタイルの種類を知ることから始めよう

男性にとっての「カッコいい髪型」「女性にモテるヘアスタイル」とはどんなタイプでしょうか。
「この髪型にすれば誰でもかっこよくなれる!」という髪型はありませんが、ある程度ウケがよく、モテやすい髪型の傾向はあります。
まずは男性のヘアスタイルの種類や現在のトレンドについて調べてみましょう。

今流行の髪型について

男性向け髪型カタログ

ヘアスタイルのトレンドは時代によって変化しますが、昔流行った髪型が再度人気になることはなかなかありません。
髪型のデザインはスタイリストによって年々洗練されてオシャレになっています。多くの場合、人気の俳優、芸能人、アイドル、モデル等が発信源となり、ファッション誌やトレンド系雑誌でも取り上げられるような髪型はとても素敵なものが多いです。たくさんの人たちがそのスタイルをまねて自分なりのアレンジを加えています。
中には自分に合わないものもありますが、トレンドのスタイルはテレビやファッション雑誌でひと通り抑えておきましょう。

流行りに左右されない髪型について

コンサバ系髪型

いつの時代でも一定数の人たちに見られる髪型があります。
それは流行りやトレンドに左右されない「コンサバ系(保守的、控えめ)な髪型」です。
パーマやアイロンなどによって髪質を大きく変えることなく、自分の髪の特徴をそのまま活かしたものが多いです。髪のつむじや流れに沿って分けた自然な髪型や、ショート系のサッパリしたヘアスタイルがいつの時代も好まれます。奇抜な髪型が敬遠されるサラリーマンに多く見られます。

主要な髪型・ヘアスタイルについて

主だった髪型の種類については別項で紹介しています。
リンク:男性の髪型一覧「カット」メンズカット一覧 リンク:男性の髪型一覧「パーマ」メンズパーマ一覧



流行やトレンドに合った髪型の男性が女性にもモテて、同性からのウケも良いとは必ずしも限りません。
ベーシックなヘアスタイルの方が自分に合っていることもあります。

髪型選び失敗の男性

知人に、とてもかっこいい髪型で女性に人気のイケメン男性がいたとします。そこで美容室に行って同じ髪型にしてみたけれど、自分には全然似合わず、イメージどおりにいかなかったという経験がある方も多いでしょう。
こうした失敗をしないためにも、ヘアスタイルの種類だけでなく、これから説明する「髪型と髪質・体質・体型」との関連性についても学習し、自分に合った髪型を選ぶことができるようになりましょう。

スポンサーリンク

自分の髪質や身体の特徴を知ることが重要

人にはそれぞれ「顔立ち」「髪質」「体型」といった特徴・個性があります。
自分に似合う髪型を選ぶ判断材料として、こうした特徴・個性をしっかりと把握する必要があります。髪型を含め、体の全体的なバランスが取れていると見た目の印象がずっと良くなります。更に服、靴、装飾品など身につける物まで含めて調整するとなおGOODです。

「かっこいい髪型」「女性にモテる髪型」を定義するとすれば、それは「流行りの髪型」ではなく、

自分の個性にマッチした髪型(自分に似合う髪型)

と言うことができます。

似合う髪型を選ぶポイントとして、以下の項目をチェックしましょう。

チェック
ポイント
特徴
髪質太さ:太い、細い
髪量:多い、少ない(薄毛)
クセ:直毛(ストレート)、ややくせっ毛、天然パーマ
顔立ち全体:すっきり(女性的)、ほりが深い(男性的)
大きさ:大顔、小顔、面長
眉毛:濃い、薄い
体型身長:高い、低い
体重:太め、痩せぎみ
体質肌色:色黒、色白
肌質:脂性、乾燥肌
体毛:濃い、薄い
服装派手め、カジュアル、ラフ、スポーティ、地味め
髪質
顔立ち
体格

まずは自分自身について、こうしたポイントを大雑把に把握しましょう。それぞれの特徴ごとに適した髪型・ヘアスタイルがあります。

引き続き、特徴・個性に合った髪型について具体的に解説してゆきます。
リンク:男性の髪型一覧「カット」髪・顔・体型から見たヘアスタイル
リンク:男性の髪型一覧「パーマ」印象が悪い、カッコ悪い髪型とは

スポンサーリンク


トップに戻る