>メンズヘアスタイル 「ソフトモヒカン - セルフカットのやり方」

男の髪型・メンズヘアスタイル
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

メニュー > メンズカット一覧(種類別) > ソフトモヒカン > 自分でセルフカット・切り方解説
スポンサーリンク

自宅で自分でソフトモヒカンに挑戦!!

ソフトモヒカンはスポーティーで清潔感がありながら、かつオシャレなアレンジも可能な好印象を与える髪型です。
ショートヘアで一見簡単そうに見えるヘアスタイルですが、きれいなスタイルを実現するには結構な技術と経験が必要とされます。
美容院でカットしてもらうようなきれいな仕上がりにすることは難しいですが、ワックスを利用したり、慎重にカットすることで自分の好みに近いスタイルが実現できるかも。
一度、自分でカットする「セルフカット」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、素人が予備知識なしでカットするのは無謀です。ポイントをきっちり抑え、しっかり準備を整えてから行いましょう。

【関連項目】
リンク:男の髪型「ソフモヒ」メンズカット「ソフトモヒカン」 リンク:有名人のソフモヒ画像種類別ソフトモヒカンヘアカタログ リンク:有名人のソフモヒ画像有名人のソフトモヒカン画像・写真集
リンク:自分で髪を切るセルフカットのメリット・デメリット リンク:自分で髪を切る手順・方法セルフカットのポイントと注意点


はじめに

ソフトモヒカン失敗例

先にも少し触れましたが、セルフカットで美容師なみの綺麗なラインのソフトモヒカンにすることは大変困難です。また、その独特の形状から、一度失敗してしまうと調整が難しい髪型でもあります。特にベリーショートなどの場合、失敗した場合、最悪坊主になってもかまわないというくらいの気持ちで行いましょう。

ここでは短めにカットする方法のほかにも、ワックスを使ってソフトモヒカン風に髪型をアレンジする方法なども紹介しています。セルフカットの経験が少ない初心者の方は、そうしたカットが不要な方法や、ある程度髪の長さを残した状態までカットして最後にワックスで形を整えるといったやり方から入ることをおすすめします。

準備するもの

バリカン画像

  1. バリカン
    ベリーショートのソフトモヒカンでは必ず必要です。ショート〜ミディアムの場合でもあったほうが良いでしょう。色々な長さに対応したアタッチメントがたくさんついているものがあると何かと便利なのでオススメです。ソフトモヒカン以外のセルフカットでも役立ちますよ。
  2. すきバサミ
    梳きバサミ画像

  3. ハサミ、すきバサミ
    工作用の普通のハサミではなく、必ずヘアカット用の専用品を準備しましょう。 ネット通販などで良いものが1,000円前後で購入できます。すきバサミは髪を「すく」ために使うものです。刃の部分がギザギザになっていて、髪をはさんでも全体の何割かしか切れないハサミで、主に髪の形を変えずにボリュームを減らしたり、髪量を減らしてスタイリングしやすくする等の目的で使われます。失敗が怖い箇所のカットや、セルフカットに慣れてきて細かい部分も綺麗に仕上げたい場合に使いましょう。
    すきバサミは種類によってすき率に違いがあります。すき率が少ないものほど失敗が少なくおすすめです。仕上がりにこだわらないなら初めは100円ショップで安いものを買ってみてどんな感じなのか試してみてもよいでしょう。
  4. くし(コーム)
    普段使っているもので十分です。くしで髪をとかしながらカットします。
  5. 必ず2枚以上準備しましょう。正面に固定するものが一つと、サイドやバックを確認するための、片手で持てる小型のものが一つあればよいでしょう。三面鏡などで代用することもできます。
  6. ほうき、掃除機など
    散らばった髪を片付けるのに準備しておきましょう。

髪は濡らさずに乾いた状態でカットするため、霧吹き等は不要です。また、髪が地面に落ちないように首に巻くヘアエプロンは、自分でカットする場合は腕の動きの邪魔になるのでやはり不要です。

ソフトモヒカンの切り方説明書

オススメのバリカンやハサミについてはこちらで紹介しています → おすすめの理美容器具

なお、このリンク先で紹介しているバリカン 『カットモード 白 ER5209P-W』 には、幾つかの髪型サンプルと具体的なカット方・手順が掲載された解説書がついています。その中に右図のようなソフトモヒカンスタイルのカット法も解説されているのでそちらを参考にセルフカットに挑戦してみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

@ソフトモヒカンの切り方 「ショート〜ベリーショートの場合」

【カットの手順】

  1. 仕上がりをイメージする

    仕上がりのイメージ画像

    はじめに自分の思い描くソフトモヒカンの最終的なスタイルをできるだけ具体的にイメージします。「こんな感じになればいいや」といったぼんやりとしたイメージだけで行うよりも、「トップの高さは何cmくらいで、サイドは刈りあげて、えり足は長めに残し、モヒカンのラインはかなりシャープに」といったふうにより具体的なビジョンを持っておくと、カットしている最中に迷いが生じることもなくスムーズに進みます。想像だけでなく紙にメモしておくとよいでしょう。簡単なイラストもあればなおGOODです。写真の切り抜きなら髪全体の様子がわかるように前と横からのアングルがあるものを準備しましょう。

  2. サイドや耳周りのカット

    ソフトモヒカンの耳周り画像

    長めのアタッチメントを付けたバリカンで、両サイドをざっくりとカットします。
    その後、アタッチメントを短くしながら徐々に自分好みの長さに切りそろえていくようにします。刈り上げるならバリカンだけでも大丈夫ですが、ある程度長さを残したい場合や、グラデーションなどの段差を付けたいなら、バリカンで長さを残した状態からハサミやすきバサミを使ってカットし、全体的にシルエットを整えます。
    ポイント
    • ハサミによるカットは、髪に沿わせるように「縦方向」に切ることで、切り過ぎやスキ過ぎの失敗を減らせます。毛先のニュアンスや微調整の際にも有効です。焦らず少しずつ切るのが成功の秘訣です。
    • バリカンのアタッチメントは、慣れないうちは必ず長めのものから使いましょう。失敗を防ぐ為にはじめは全体的に長めにカットし、徐々に自分好みの長さに切りそろえていくようにします。アタッチメントがあってもバリカンの角度によっては予想外に短く切れてしまうことがあります。最初から一気に短くカットするのは刈り上げ部分や坊主の場合を除いてやめておきましょう。
  3. 前髪〜トップのカット
    ソフトモヒカンのキモとなる最も重要な部分です。また、綺麗なラインを作るのが大変難しい箇所でもあります。
    トップ(最頂部)の長さを決め、そこから両サイドに向けて「指間刈り(注1)」でカットしてゆき、おおまかな斜めのラインを作ります。
    次に「チョップカット(注2)」でギザギザ感を出し、ラフさとナチュラルさをつくります。すきバサミを縦に入れてカットすると自然な感じが出しやすいでしょう。
    髪質が柔らかく、ワックスを使ってもトップが綺麗に逆立たない人は、トップを根元近くからすきバサミですいてあげるのが効果的です。トップの髪が軽くなると同時に、短い髪が長めの髪を支える役割を果たします。
    (注1):髪の束を人差し指と中指で挟んで、はみ出た髪をハサミでカットする技法。
    (注2):髪と平行に(縦に)ハサミを入れて毛先をカットする技法。毛先が不規則なギザギザの仕上がりになる。
    ポイント

    ソフトモヒカンセンター画像

    • ソフトモヒカンの特徴は、正面から見た時の「左右対称な綺麗なひし形のライン」と、横から見た時に前髪部分が一番短く、後ろに行くにつれて徐々に長くなっていく独特のラインです。この2つのポイントをしっかり実現させましょう。
      カットでうまくラインを作れそうにない時は、ある程度形を整える程度にとどめ、最後にワックスを使ってモヒカンの形を作るようにしたほうが無難です。
    • トップとサイドの境目は髪の流れが逆になります。境目はキッチリさせず、すきバサミですいたり、段差を作るグラデーションカットなどでボカしてあげると自然な感じになります。
    • 綺麗なラインを作るコツはバリカンを使って一気にカットしようとせず、ハサミで大まかなラインを作ってから、とにかく焦らずに少しずつカットしていくことです。カットしながらこまめに鏡で前後左右から髪全体のシルエットを確認してください。

  4. バック(えり足から後頭部)のカット

    ソフトモヒカン後頭部画像

    <刈り上げる場合>
    好みに合わせて数ミリの短めのアタッチメントをつけたバリカンで、えり足生え際から下から上に向かってカットします。上に行くにつれて髪が長くなるようカットする必要があります。大体耳の高さくらいまでは短いアタッチメントでバリカンを皮膚に沿って滑らせながらカットします。耳より上は長めのアタッチメントに変えて皮膚に沿わすのではなく、外に逃がす感じでカットします。
    <えり足を長めに残す場合>
    サイドとトップのカットが終了した時点で髪全体のバランスを見ます。バックがそのままでも違和感がなければ特にカットの必要はありません。大抵の場合、サイドを短くカットしたならバックもある程度綺麗に切りそろえないとバランスが悪くなります。髪の厚みが気になる部分があればアタッチメント付きバリカンで上から下にカットしてボリュームを減らします。ここでもアタッチメントは長めのものから試しましょう。その後、ハサミやすきバサミで気になる部分を少しずつカットしましょう。耳周りからえり足につながるラインが綺麗になるようにカットしてあげるとさっぱりして見栄えがよくなります。
  5. ソフトモヒカンバック画像

  6. 前髪について
    一般的なソフトモヒカンでは前髪が一番短く、後ろにゆくにつれて長くなるようカットします。前髪を長めに残し重心を前に持たせるスタイルもあるので好みで選びましょう。短くするならバリカン+ハサミで、長めにするならハサミを縦に入れながらカットしましょう。
  7. 最終チェック
    鏡を使って前後左右から髪全体のシルエットを確認します。切り残しやバランスの悪い箇所があればハサミで調整します。
  8. ワックスで形を整えて完成です。

A髪を切らずにワックスで作るソフトモヒカン風ミディアムヘアスタイル

メンズソフトモヒカン画像

ショートからミディアムヘアで、ある程度長さのある髪をワックスやヘアスプレーで固めてソフトモヒカン風に仕上げるスタイルです。
髪をカットする必要がないため、気軽にソフトモヒカンスタイルを楽しめます。

作り方はこちらで紹介しています → ソフトモヒカンのセット・スタイリング法




参考動画紹介

ソフトモヒカンの切り方・作り方

動画:ソフトモヒカンの切り方

ユーチューブ動画リンク
バリカンとハサミを使ったソフトモヒカンのカット法を連続写真の動画で解説しています。
内容は非常にシンプルなものなので、カットの一連の流れを確認するのによいでしょう。

ヘアースタイル講習会。 バリカンとお友達になろう編。

動画:ソフトモヒカンに役立つカット技法

ユーチューブ動画リンク
ヘアサロン元店長によるカット技法を紹介する動画です。主にバリカンを使っていますが、途中からのハサミを使ったカットが参考になります。12分過ぎからのすきバサミを使った前髪カットが、ソフトモヒカンのひし形のラインを作るのに役立ちそうです。動画だと非常にサクサクときれいに切ってゆきますが、素人は少しずつ慎重にカットしてくださいね。

だれでも手だけで簡単セット(モヒカン風編)hair set only by a hand!!

動画:ソフトモヒカン風ヘアスタイル

ユーチューブ動画リンク
ドライヤーとワックスを使ったソフトモヒカン風ヘアスタイルのセット法を紹介した動画です。
この動画の主さんのようにきれいに仕上げるには熟練を要しそうですが、動画の中から自分の役に立ちそうなエッセンスを抜き出しましょう。

【関連項目】
リンク:男の髪型「ソフモヒ」メンズカット「ソフトモヒカン」
リンク:有名人のソフモヒ画像種類別ソフトモヒカンヘアカタログ
リンク:有名人のソフモヒ画像有名人のソフトモヒカン画像・写真集
リンク:自分で髪を切るセルフカットのメリット・デメリット
リンク:自分で髪を切る手順・方法セルフカットのポイントと注意点

スポンサーリンク

トップに戻る