メンズパーマ〜施術方法による分類

男の髪型・メンズヘアスタイル
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

メニュー > メンズパーマ一覧(種類別) > 主なパーマの特徴

施術原理によるパーマの大分類

一般的に"パーマ"と言う場合、「髪に2種類のパーマ液(還元剤と酸化剤)を浸透させ、毛髪内のタンパク質結合を切断・再結合させる過程で髪にクセをつけるもの」といった風に定義されます。

このようにパーマ液の作用を利用した「コールドパーマ」が基本となり、更に熱を加えたり、水の粒子を加えたり、超音波を加えたりすることで、パーマのかかりを強くしたり、仕上がりの髪の質感を変えたり、髪の痛みを弱めたりと、様々な特徴を持つパーマが登場してきました。

このように施術原理で分類すると、パーマは大きく4〜5種類に分類されます。主要なパーマについて、その種類と特徴を紹介します。


スポンサーリンク

1.コールドパーマ

メンズコールドパーマ

パーマ液の作用のみでかけるパーマがコールドパーマです。一般的にパーマというと、このコールドパーマのことを指すことが多いです。「第一のパーマ」とも呼ばれます。熱を加えず常温でかけることからコールドパーマと呼ばれます(髪を冷やすからではありません)。

髪をまっすぐ伸ばしたり、ひねったり、または様々な道具を使うことで簡単・手軽に仕上がりの形状を変えることができます。コールドパーマの主なアレンジスタイルには、ストレートパーマピンパーマスパイラルパーマツイストパーマ針金パーマなどがあります。

◆主な特徴


  • 髪が濡れるとウェーブやカールが強く表れ、逆に乾燥すると緩くなる
  • 様々なパーマスタイルにアレンジできる
  • 他のパーマや髪型にスタイルチェンジしやすい
  • しっとりとしたウェーブがかかる
  • 髪が比較的傷みやすい

コールドパーマについては別項でより詳しく解説しています。

2.加温式パーマ(ウォームパーマ)

加温式パーマの器具

一定以上の熱を加えるとパーマの効果が強くなる"加温用パーマ液"を使ってかけるパーマが加温式パーマ(ウォームパーマ)です。遠赤外線加温機を使って60℃以下の熱を加えながらパーマをかけます。

◆主な特徴


  • パーマ効果が強く、その分、短時間で安定したウェーブ、カールがかかる
  • パーマにかかる時間が短縮できる分、髪のダメージが少なく傷みにくい
  • その他の特徴はコールドパーマに準ずる

加湿式パーマについては別項でより詳しく解説しています。

3.ホットパーマ(形状記憶パーマ)

メンズホットパーマ

パーマ液を浸透させた髪に、更に熱を加えるパーマをホットパーマ、形状記憶パーマと呼びます。「第2 のパーマ」とも呼ばれます。
主にロッドやヘアアイロンを通して熱を伝えます。熱を伝える方法や、使用される機器の違いによって様々な名称で呼ばれます。
デジタルパーマアイロンパーマ(コテパーマ)縮毛矯正、アイロンストレートパーマなどがホットパーマに該当します。

◆主な特徴


  • 髪が乾燥するとウェーブやカールが強く表れ、逆に水に濡れるとストレートになる
  • 形状記憶力がとても強く、髪の手入れ、セット、スタイリングが楽
  • パーマのかかりが強く長持ちする。クセの強い髪にもあたりやすい
  • 髪の根元にパーマをあてにくく、毛先が傷みやすい
  • 硬めの手ざわりになる
  • 他のパーマや髪型にスタイルチェンジしにくい

ホットパーマについては別項でより詳しく解説しています。

スポンサーリンク

4.水パーマ(スチームパーマ)

メンズ水パーマ

超微粒子の蒸気(スチーム)に変えた水を髪に浸透させながらかけるのが水パーマです。「ナノパーマ」や「ナノスチームパーマ」と呼ばれることもあります。
水の粒子が髪内部にたくさん入ることで髪のキューティクルが開き、パーマ液が浸透しやすくなるため、髪の痛みが少ないパーマです。

◆主な特徴


  • 髪が濡れるとウェーブやカールが強く表れ、逆に乾燥すると緩くなる
  • パーマ液の量や使う時間が少なくて済む為、髪のダメージが少なく傷みにくい
  • 他のパーマよりかかりが弱めで持ちが悪い。クセの強い髪には向かない
  • 比較的短時間でかけられる

水パーマについては別項でより詳しく解説しています。

5.エアウェーブ

エアウェーブ

髪を巻きつけたロッドに温風を流し、髪の温度や湿度をコントロールしながらかけるのがエアウェーブです。「第3のパーマ」とも呼ばれます。
髪の構造を安定させた状態でかけることが出来るため、髪の痛みが少なくて済みます。パーマをあてられる箇所に制限がなく、ふんわりと柔らかな質感に仕上がります。

◆主な特徴


  • 髪へのダメージが少なく傷みにくい
  • 髪の根元から毛先までどこでもかけられる
  • 形状記憶力が強く、長持ちする
  • ボリューム感が出るため、ハリやコシがないペタンとした髪に向いている
  • きつめのパーマや極端に硬い髪には向かない

エアウェーブについては別項でより詳しく解説しています。



各種パーマの特徴比較

おおまかな特徴比較です。実際はパーマごとの種類や、美容師の技術、サロンで使用するパーマ液の種類・量、塗付時間などによって結果に差が生じます。

 コールドパーマ加温式パーマホットパーマ水パーマエアウェーブ
施術原理パーマ剤加温用パーマ剤パーマ剤+熱パーマ剤+水粒子パーマ剤+温風
かかりの強さ普通強いとても強い弱い強い
保ち普通良いとても良い悪い良い
髪の痛み普通〜多いやや少ない普通〜多い少ないやや少ない
仕上がりの質感しっとり
パサパサ
毛束感
しっとり
毛束感
硬めで
弾力性がある
ツヤがあり柔らかふんわり柔らか
向き・
不向き
傷んだ髪には不向きクセの強い髪でもOK・強くしっかりしたウェーブやカールが作れる
・クセの強い髪でもOK
・傷んだ髪には不向き
・傷んだ髪でもOK
・キツめのパーマやクセの強い髪は不向き
・ボリュームの無いペタンとした髪向き
・キツめのパーマやクセの強い髪は不向き
パーマが強まる
状態
濡れた時濡れた時乾燥時濡れた時特になし
施術時間普通短め長め短め長め
値段
(コールドパーマとの比較)
普通(5〜8千円位)コールドパーマよりやや高めコールドパーマより高め(種類により1〜2万円位)コールドパーマと同じ位か、やや高めコールドパーマより高め(1〜2万円位)

ここで紹介した以外にも、超音波パーマ、クリープパーマ、コスメパーマなど多様なパーマがあります。
各パーマについてはメンズパーマ一覧(種類別)を参照してください。


スポンサーリンク

トップに戻る