似合わない髪型、かっこ悪い髪型について

男の髪型・メンズヘアスタイル
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

メニュー > 似合う髪型を選ぶポイント > 印象が悪い、かっこ悪い髪型とは
スポンサーリンク

自分の印象と他人の印象は違う

自分では「似合っている」「かっこいい」と思っている髪型でも、他人から見ると「印象が良くない」「違和感を感じる」「かっこ悪い」と感じることがあります。
また、おしゃれに興味がないからといって、髪に無頓着すぎるのも良くありません。最低限の「身だしなみ」と「髪の手入れ」は必要です。

男の髪チェック

単なる自己満足のために髪のおしゃれをする人は少ないでしょう。
やはり、第三者である他人の目から見て、「かっこいい」「おしゃれだ」と思われたい、女性からモテたいと思うのは当然です。その為には、思い込みを排除して、自分の髪質や容姿などの特徴・個性を正しく理解し、自分の姿を客観的に見てみることが大切です。

具体的に、周囲からの印象が悪く、かっこ悪い髪型・ヘアスタイルとはどんなものか見てみましょう。

スポンサーリンク

1.自分に似合わない髪型

髪型・ヘアスタイル

流行りで人気のあるヘアスタイルやヘアカラーにすれば必ずかっこよくなる、女性にもモテる、というものではありません。
同じロングヘアーでも、清潔感のあるさわやかな感じの人もいれば、オタクっぽい外観になる人もいます。髪を茶色に染めて軽めの印象になる人もいれば、下品な感じやヤンキーっぽくなる場合もあります。

自分が好きな髪型や、かっこいいと思ったヘアスタイルも、自分の特徴・個性に合っていなければ、その良さを引き出すことはできません。一度自分の思い込みや価値観を取り払って、自分に似合う髪型にチャレンジしてみましょう。きっと新たな発見があるはずです。

2.不自然な髪型、手を加えすぎた髪型

自分の好きな髪型を実現する為、無理に手を加えたヘアスタイルは、他人からみると違和感を感じることがあります。

例えば、広いおでこを隠すために前髪を目にかかるほど伸ばしたり、薄くなった髪を隠すようにサイドやバックの髪をもってくる「バーコード」状の髪型など。これらは鏡で見た時は良く見えても、周囲からは一目瞭然だったり、違和感や不自然さを感じさせます。風や衝撃で見えてしまうのを気にしていては精神的にも良くありません。
欠点は無理に隠さずに、見せた上で髪型やアレンジ法を変えたほうがずっと良くなるケースが多いです。隠しごとのない潔さ・清々しさが良印象を与えます。

整髪料

また、整髪料の使いすぎも良くありません。テカテカになった髪は見た目が良くなく、匂いのキツい髪は周囲に不快感を与えます。中年男性でポマードを塗りたくり髪を固めてる人を見かけます。確かに髪型は決まっていますが、異様な光沢とキツイ匂いは不自然で不快に映ることも。
髪のセットに整髪料は欠かせませんが、やりすぎは禁物です。自然な感じを残しつつ程々に、効果的な使用を心がけましょう。

3.不潔な髪型、手入れの行き届かない髪

髪のケア

どんな髪型であっても、髪を洗わずに脂ぎったベタベタの不潔な髪では良い印象をもたれるはずがありません。髪のセットも満足にできなくなります。
シャンプーのしすぎも皮脂の分泌を増やしてしまいますが、脂分やフケ、かゆみを感じたら必ずシャンプーを行いましょう。

トリートメント不足や脱色のしすぎで、パザパザ、ボロボロになった髪は、不健康・無精・だらしなさを感じさせます。シャンプー後はリンス、トリートメント、コンディショナー類で髪を保護し潤いを与えましょう。また、ヘアカラーや白髪染めを使う際は、髪へのダメージの少ないもの、トリートメント効果やコーティング効果のあるものを使いましょう。

関連項目

リンク:女性にモテるかっこいい髪型とは似合う髪型を選ぶポイント
リンク:短髪ショート・ロングヘアの向き不向き髪・顔・体型から見たヘアスタイル

スポンサーリンク

トップに戻る