デジタルパーマ総合サイト
デジタルパーマFAN」トップ > デジタルパーマの特徴、メリット・デメリット
Sponsored Link

デジタルパーマの特徴(髪の質感、持ち、メリット・デメリット)

デジタルパーマは、パーマ剤を使う一般のパーマの作業工程に、更に熱加工も加えたホットパーマの一種です。詳しい説明は省きますが、熱も加えることで髪に形状記憶力を与え、パーマのかかり具合を強くすることができます。
このデジタルパーマの施術工程は、同じホットパーマの「縮毛矯正」に良く似ています。矯正力や髪の痛み具合に違いはありますが、デジタルパーマはくせ毛を直毛に変える縮毛矯正の「ウェーブ・カール版」とイメージしてもらえれば良いでしょう。


【髪の質感、仕上がり】

デジタルパーマの質感・仕上がり


【パーマの持ち、手入れ・スタイリング】
形状記憶力の強いデジタルパーマはとても長持ちです。一般のコールドパーマの1.5〜2倍の持続性があります。髪のくせの強さ、美容師の技術、使用する薬剤にもよりますが、通常だと4〜5ヶ月後位からカールやウェーブがとれ始めます。完全にとれるまで長い人だと半年〜1年かかります。

デジタルパーマ手入れ・セット・スタイリング

髪が乾くとパーマをかけた形状に戻るため、手入れ・セット・スタイリングの手間は大変少なくて済みます。トリートメント等のヘアケアは毎日行ったほうがパーマは長持ちします。スタイリング剤はべたつきの弱いものを髪が乾いた状態で使用しましょう。

※髪のお手入れについては「デジタルパーマのお手入れ・スタイリング」で詳しく解説しています。



【メリット・デメリット】

くせ毛にデジタルパーマ

デジタルパーマはこんな人や髪におすすめです。

デジタルパーマのデメリットは以下のとおりです。

【その他の特徴】

Sponsored Link

デジタルパーマをかけられる髪、痛みなど

【かけられる髪質、髪の長さ】

デジタルパーマ髪の長さ・髪質

デジタルパーマは強めにパーマがかかるため、クセの強い髪や天然パーマも含めてどんな髪質でもかけられます。使用するマシンや薬品の種類によっては傷んだ髪でもかけられますが、あまりに酷いと断られるケースもあります。

デジタルパーマは専用ロッド(少し太め)に巻きつけられる髪の長さが必要です。大体10cm〜の長さがあればショートヘアでもかけられますが、ミディアム〜ロン グヘアに向いています。
高めの熱を伝えるため、頭皮近くの根元にはパーマをかけられません。
また、シャギーやレイヤーで毛先の毛量が非常に少なくなっている髪はうまくクセがつきません。


【髪の痛み】

デジタルパーマ髪の痛み

一般的に、ホットパーマは熱のダメージも加わるため、コールドパーマよりも髪の痛みが大きくなりがちでが、デジタルパーマの場合は少し違います。

デジタルパーマの場合、マシンによって細かい温度管理が可能です。スチームによる湿度調整や専用薬剤・トリートメント剤を使うことで比較的低温での施術も可能になり、髪の痛みを大幅に軽減することも可能です。ただ、この辺は使用する薬剤やマシンを扱う美容師の経験や技術次第となりますので、腕の良い美容師さんにかけてもらうことが前提です。
パーマ後はセット・スタイリングの手間が少なく、毎日ヘアアイロンを使う必要もないため、かけた後の髪の痛みは少なくなります。

【注意点】
デジタルパーマは、しっかりとキレイなパーマをかけられて、大変長持ちで、髪の痛みも少なくできる、メリットの多いパーマです。
ただし、デジタルパーマなら必ずこうしたメリットを得られる訳ではありません。デジタルパーマは多機能である反面、その性能を十分に発揮するためには、それを扱う美容師に高い技術と経験が必要です。毛髪診断、薬剤選定、温度・湿度設定といったポイントをしっかり抑える必要があります。
経験が浅い美容師が施術した結果、髪が大変傷んだり、ウェーブやカールがかかりすぎるトラブルも起こりますので、確かな技術のあるお店を選びましょう。

Sponsored Link

デジタルパーマの特徴 トップへ