前髪の重要性、種類、切り方について

サイト内検索

「メンズヘアスタイル」リスト 髪型」トップページ > 前髪(バングス)について
前髪(バングス)の重要性

前髪(バングス)画像イメージ前髪は髪の印象を決める大きなポイントです。
同じ人でも前髪のスタイルによってガラっと印象が変わるのを実際に感じたことのある方は多いでしょう。

前髪を上げたり短くカットすれば、活動的で元気な感じになり、長めにして額に垂らせばオシャレで小顔効果もあります。
でも一歩間違えると、老けて見えたり、違和感や不潔な印象を与えてしまうことも。
前髪の種類やカット法、自分にあったスタイル・アレンジ方法を学んで、よりオシャレに自分の魅力を引き出してイメージアップを図りましょう。

前髪スタイルの種類

斜めバング・流しバング

前髪画像「斜めバング-ロング1」前髪画像「流しバング-ロング2」前髪画像「斜めバング-ミディアム」前髪画像「流しバング-ロング3」前髪画像「斜めバング-ショート」前髪画像「斜めバング-短髪」

「斜めバング」は、その名のとおり前髪を斜めに流したスタイルです。髪の長さや顔の形を選ばず、どんな髪にも合わせやすい、汎用性の高い前髪アレンジです。自然な流れを作ることで、ナチュラルさや爽やかな印象を与えます。
短髪やショートヘアなど、ブローだけではスタイルの維持が難しい場合は、少量のワックスを使って流れを作りましょう。
「左右に分ける」「分ける位置を変える」「左右で長さを変える(アシンメトリー)」といった豊富なバリエーションによって、より個性的でオシャレな演出ができます。

センターパート・真ん中分け

「センターパート」「真ん中分け」は、額の中心付近から前髪を左右に分けたスタイルです。
「斜めバング」と同じく多種多様な髪質に合わせやすく、左右対称なスタイルは見た目に無難で汎用性も高いのが特徴です。
前髪をそのまま下に下ろすか、左右に大きく広げるか、一度上げてから左右に流すかといったアレンジや、髪の長さによって大きく印象が変わるので、色々試して自分に合ったものを見つけましょう。

前髪画像「センターパート・下ろしタイプ・ナチュラル」前髪画像「真ん中分け・下ろしタイプ・ツンツンタイプ」前髪画像「センターパート・下ろしタイプ・オタク風」前髪画像「真ん中分け・下ろしタイプ・ストレート」

そのまま下に下ろす横ずらしタイプは、うまく似合うとオシャレですが、ともすると野暮ったく暗い印象も与えがちです。シャギーを入れるなどして髪量を調整すると爽やかさがアップします。長髪の似合う男性、整った顔立ちの人に向いています。額の露出が少なく、小顔に見せる効果もあります。

前髪画像「センターパート・横流しタイプ・ロング」前髪画像「真ん中分け・横流しタイプ・耳掛け」前髪画像「センターパート・横流しタイプ・ナチュラル」前髪画像「真ん中分け・横流しタイプ・ミディアム」前髪画像「センターパート・横流しタイプ・上げ」

横に流して自然に下ろしたり、一度上に上げてから左右に分けるスタイルは最も多く見られます。ある程度の髪量があれば見た目にも好印象で失敗も少ないです。なかなか決まらない時はブローやワックスでふんわりとボリューム感を持たせるとうまくいきやすいでしょう。

前髪画像「センターパート・ショートヘア・茶髪」前髪画像「真ん中分け・ショートヘア・ワックス」前髪画像「センターパート・短髪・ナチュラル」

前髪が短いタイプです。スポーティーで清潔感や明るさを感じさせます。ショートカットや短髪向けです。生え際がM字の人はうまく決まりにくいこともあります。

Sponsored Link

アップバング・前髪上げ

「アップバング」は前髪を上にあげて額を露出させるスタイルです。
前髪全体を真上にまっすぐ立たせたり、真ん中だけ上げて左右は自然に下ろしたり、前髪をふんわり持ち上げてナチュラルさを出すといった様々なアレンジ法があります。

前髪画像「アップバング1-ミディアムヘア」前髪画像「アップバング2-ショートヘア」前髪画像「前髪立たせ-ヘアカラー有」前髪画像「前髪上げ-ベッカム」前髪画像「前髪上げ-横流し」前髪画像「アップバングス-ロングヘア」

前髪全体を立たせるスタイルは、額が狭い人やショートヘアの男性に特に似合います。ワイルドで活動的な印象を与えます。髪質が硬い人、額の形がきれいな人の方が見栄えしやすく、セットも楽です。髪質が柔らかめなら、前髪を短めにカットするか、ワックスやスプレーを使いましょう。整髪料を使う際は重みで髪が垂れないように、根本付近に少量使うのがコツです。

前髪画像「アップバング-ナチュラルミディアム」前髪画像「アップバング-ナチュラルミディアム2」前髪画像「前髪立たせ-ナチュラルミディアム3」前髪画像「前髪上げ-ナチュラルショート」

ふんわりと、軽くナチュラルに額を見せるスタイルは自然な感じとオシャレさを演出できます。キレイな形を維持するには整髪料が必須で、他のスタイルよりも手間と経験が必要ですが、その分かっこ良く万人受けします。前髪の中心を短めにして立たせやすくし、左右を自然に流した「逆Vカット」は、ワイルドさを残しつつハードになり過ぎないアレンジで人気があります。

前髪画像「アップバング1-中央上げ」前髪画像「アップバング2-センター上げ」

センターパートなど、前髪を下げたり左右に分けるスタイルをベースに中央部のみワックスなどで立たせるアレンジスタイルもあります。額が強調される特徴があり人を選びますが、インパクトが大きく、似合う人ならとてもオシャレになります。やるならミディアム〜ロングヘアで。

ナチュラルスタイル・下げ前髪

前髪に分け目をつけず、自然に下に流したスタイルです。
髪質がある程度固めの人、髪のクセが弱い人、ストレートヘアなどが向いています。逆に強めのくせ毛や天然パーマには不向きです。毛量が多い場合はシャギーを入れたり、髪質によっては軽めのボディーパーマを入れるといった対策も効果的です。

前髪画像「ダウンバング-ショートヘア」前髪画像「ダウンバング-シャギー」前髪画像「自然に下ろす-エアリーパーマ」前髪画像「下げ前髪-立体的」
その他〜ダブルバング、シャギーバング、Mバング、など
ダブルバング
前髪画像「ダブルバングス」
Mバング
前髪画像「Mバングス」
フルバング
前髪画像「ワイドバングス」
「ダブルバング」
前髪を内側と外側の2層に分け、内側を短くすることで立体的に見せる前髪。個性的でおしゃれなアレンジスタイルですが、スタイリングに手間がかかり、カットの難易度も高めです。
「シャギーバング」
前髪にシャギーを入れて、細くギザギザ感を出したスタイルです。主に前髪の量を調整する目的で行われるアレンジです。
「Mバング」
前髪の中央部を長めに、左右を短めにカットしたスタイルです。ちょっと変わったアレンジをしたい人におすすめです。
「フルバング・ワイドバング」
やや厚めの前髪を眉や目の上のラインで切りそろえたスタイルです。ぱっつんに似ています。切り揃える幅の長さによって印象が変わります。主に女性に見られるかわいらしいアレンジです。
「ぱっつん」
前髪を真横にまっすぐ切りそろえたスタイルです。おかっぱ頭のイメージです。女性のぱっつんは可愛らしさや大人っぽさを演出するのに良いですが、男性ではめずらしいアレンジです。
前髪の切り方・作り方、セルフカット

前髪の切り方、理想の前髪を実現するためのお役立ち情報などについては別項で詳しく説明しています。

前髪の切り方・作り方リンク前髪の切り方

Sponsored Link

男の髪型〜前髪(バングス)について・種類やアレンジ方法トップへ