>薄毛・短髪の魅力を引き出すファッション

男の髪型・メンズヘアスタイル
メンズカット メンズパーマ
サブメニューに移動
メンズヘアカタログ ヘアスタイル用語集 サイトマップ

メニュー > その他髪のトピック > 薄毛対策「ヒゲ・メガネ・服装」
スポンサーリンク

髪型以外の部分にも目を向けよう

薄毛にはボウズやソフトモヒカンなどの「短髪系の髪型」が似合うことを他のトピックで紹介してきました。
確かに薄毛を隠すスタイルに比べてスッキリしますが、ただ短くするだけでオシャレでかっこ良くなるのは、顔立ちが整った男性や、頭の形が良い人などに限られます。普通はキレイに見せるカット技術や毎日のスタイリングによって理想のヘアスタイルを維持します。

それでもイマイチぱっとしない、オシャレに見えない、怖い人に見られる、そうした悩みは髪型以外の部分を変えることで劇的に改善することができます。
最も効果的なのが「ヒゲのアレンジ」「おしゃれメガネ」「服装の見直し」です。薄毛が似合っている人を観察すると、こうした要素を取り入れて上手く活用していることがよく分かります。

ここではそうした髪型以外のポイントについて解説します。

【関連項目】
リンク:男性の薄毛向けヘアスタイル薄毛に似合う髪型のポイント
リンク:色々なハゲの種類薄毛の種類別に見る髪型
リンク:格好いい薄毛男性画像集薄毛男性向けの髪型「ヘアカタログ」

1.髭(ヒゲ)で男らしさとオシャレを演出

ヒゲ(髭)の種類

「毎日剃るのが面倒でわずらわしい」「自分には似合わない」「オヤジくさくなりそう」と、ヒゲに対して良い印象を持っていない男性も多いと思います。彫りの深い顔立ちの外国人に比べてヒゲの似合う日本人は多くないと思われてきました。会社でも取引先の印象が悪いからとヒゲを禁止するところも多かったのです。
ですが今や時代は変わり、ヒゲはオシャレで男らしいもの、ファッションの一つとして一般に認知されるようになりました。
ある時期からシャープな形のアゴひげが流行りだして、街中で特にガテン系のお兄ちゃんが揃えたように皆このスタイルだったのを記憶しています。

ボウズ頭で「この人オシャレだな〜」と思える人はヒゲを生やしているケースがとても多く見られます。
薄毛や短髪、ベリーショートなどの短い髪は、ミディアムヘアやロングヘアよりも圧倒的にヒゲが似合うのです。この利点を活用しない手はありません。
毎朝剃ってしまっていた髭をファッションの一部として活用することで、一転して自分をオシャレに魅力的にみせる武器に変えることができます。髪が薄くなり色の減った顔に、ヒゲを加えることでメリハリもつきます。

ヒゲもただボウボウに長く生やした無精ひげではみっともないだけです。
好印象を与えるヒゲのタイプ・種類・手入れの仕方を学習し、自分にあったヒゲのスタイルを確立しましょう。

アゴひげ(顎髭)

男性のアゴヒゲ

アゴはヒゲを最も気軽に取り入れることができるポイントです。
見た目にもクセがなく爽やかで、初めてヒゲを伸ばす初心者にもオススメです。顔が薄くヒゲが似合わないタイプの人でも違和感が少なく、見た目の印象が大事な営業職などのビジネスマンでもさりげないヒゲスタイルとして受け入れられやすいです。
長さは3〜6mm程度の短めにするとサッパリとして爽やかな印象を与えます。
逆に長めにするとヒゲが強調されるため、より個性的にしたい方、ヒゲが似合う方におすすめです。

くちひげ(口髭)

男性のクチヒゲ

鼻の下に生えるヒゲです。いわゆる「チョビヒゲ」を想像してもらえると分かりやすいでしょう。
アゴひげに比べると向き不向きがはっきりしていて、どちらかというと外人のように彫りの深い顔に似合います。
薄い顔立ちの人が中途半端に口ひげを生やすと、ちょっと怖い人に見えたり、実年齢よりも高齢に見えやすいので、短めにするか思い切って長く個性的な形にしましょう。アゴひげと一緒に生やしたり、メガネや服装でバランスをとるのも良いです。

アゴヒゲ+くちひげ

ショートコンチネンタル

アゴひげと口ひげの両方を生やしたタイプを「ショートコンチネンタル」といいます。
両方の特徴をあわせ持っており、顔に占める髭の面積が広いため、ヒゲを強調したい場合に向いています。外国人、日本人ともに一番多く見られるスタイルで、日本人にも良く似合い人気があります。
ヒゲの長さは3〜6ミリ程度の短めにするとすっきりしてクセがありません。より個性的に、男らしく大人の男性を演出したい場合はやや長めにしたりデザインにもこだわりましょう。

ほおひげ・ラウンド髭

頬髭・ラウンドヒゲ

「ほおひげ」とは、もみあげからアゴに続くラインや、頬(ほほ)付近のヒゲをいいます。
ヒゲの長さや生やす箇所によって大きく印象が異なります。もみあげを延長して伸ばしたようなスタイル(エルビス・プレスリーやルパン三世)、そのままアゴのラインに沿ってアゴひげにつなげるスタイル、口ひげや頬まで含めて広範囲をヒゲで覆うスタイルなどがあります。

有名人のラウンドヒゲ

ラウンド髭とは、口の周りを囲むようにヒゲを生やすスタイルです。プロレスラーの蝶野正洋選手などが有名です。
かなり渋い外観になるため人を選びます。ダンディで渋いおじさまを目指す人は是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

2.おしゃれメガネで知的にクールに

眼鏡をかけた男性

ヒゲと同じく薄毛にとてもマッチするのが、おしゃれなメガネです。
オシャレなデザインのメガネをかけているだけで知性さやクールさが演出され、薄毛を活かした短髪ともマッチして、アーティスト風のとてもオシャレな雰囲気を醸し出します。髪型がうまくキマらない、手間をかけずに手軽に魅力をアップさせたい、そんな人は是非ともメガネを活用しましょう。

<ポイント>

  1. ゴツく、お固い印象のメガネはNG。フレームが薄いタイプやおしゃれなデザインのものを。
  2. 髪は短くすっきりサッパリとしておくこと
  3. 服装もメガネの雰囲気に合わせたものを
  4. サングラスも定番アイテム

オシャレ眼鏡を選ぼう

@フレームが太くゴツいメガネは避けましょう。真面目さを演出する効果はあるのですが、短髪との組み合わせは良くなく野暮ったさのほうが強調されてしまいます。アンバランスさを出すのにあえて利用する人もいますが、上手く合わせるのは難易度が高いです。
基本はフレームやレンズが薄く、オシャレな形状のものを選びましょう。あくまでオシャレのためファッションアイテムなので、使いやすさよりも見た目のデザイン重視です(どちらも伴うのが一番ですが)。普段メガネをかけない人は伊達メガネで十分です。

Aヘアスタイルは薄毛に合った短髪系にしてサッパリと整えておきましょう。髪の長さが中途半端だったり、キレイにセットされた状態でないと、「知的さ」「クールさ」「シャープさ」といったメガネの良さが引き出されません。

眼鏡に合った服装を

Bせっかくオシャレなメガネにしても服装と合っていないと効果半減どころかアンバランスさが際立ち逆効果です。
服装もメガネの雰囲気に合ったものにしましょう。薄毛に合う服装について後述しているので参考にしてください。

Cサングラスもオシャレの定番アイテムです。かけているだけで大人っぽさを感じさせます。目の形に自信がない方にもオススメです。
あまり色の濃いものだと怖い感じになりやすいので、うっすらと目が透ける薄茶色〜茶色のものが扱いやすいでしょう。



3.髪型に合ったファッションを(服装・帽子など)

薄毛に似合う服装・ファッション

薄毛の男性は見た目どうしても実年齢よりも大人に(高齢に)見られます。
それを無理に若作りして派手で軽めのファッションや、明るい色合いの服やチェックのシャツ、ダッフルコートなど学生のようなカジュアルな服装にするのは、顔とのバランスが悪くNGです。
薄毛の男性には「落ち着いた大人のファッション」「ダンディな服装」が似合います。
例えば「トレーナーにジーンズ、スニーカー」よりも「タイトなスーツやジャケットに革靴」の方が大人の男性を演出できます。

落ち着いた感じといっても、ただ地味にすればいい訳ではありません。
シックな色合いの中にもセンスが光るコーディネートを心がけましょう。
明るい色を基調としたハデハデな服や、ピアス・指輪・ネックレスなどのアクセサリーをジャラジャラと着けるのはNGです。似合いませんし下品で芸がありません。
濃い色・ダークな色でコントラストの強い配色をベースに、シャツやネクタイに派手目の色を入れるなど、ピンポイントで魅せるのです。上品でさりげない大人のオシャレです。
カジュアルならば、ラフ過ぎずシンプルで清潔感のある上品な服装にします。無地やワンポイントのポロシャツにジーンズを合わせるといった具合です。

ボウズ頭と白シャツの男性

また大人の男であれば、見た目だけでなく素材にもこだわりましょう。
とにかく数・種類を揃えるだけ、ブランド名を追うだけのファッションは卒業して、体のサイズに合った本当に質の良いものを選びます。
高品質な商品は値段も張る場合が多いですが、乱暴な使い方をしなければ数年〜十数年は保ちます。多くのユーザーから長く愛されている歴史のあるメーカーから気に入った物を選びます。短期のトレンドに合わせた商品は個性的でクセが強いためトレンドが過ぎれば見向きもされません。流行に左右されないベーシックでオシャレなデザインのものを選びましょう。

帽子は頭のすっきりした短髪の方が似合うため、薄毛の人に向いています。
蒸れるのを気にする方もいらっしゃいますが、一日の汗や汚れはその日のうちにしっかりシャンプーで落とせば問題ありません。気になるなら二度洗いしましょう。

4.その他

薄毛の人は、薄毛に対する劣等感・コンプレックスから、普段の立ち振る舞いに「自信がなさそうな感じ・卑屈な感じ」が自然と現れてしまい、更にイメージを悪くしているケースがあります。そんな時は何か自信を持てる強み・武器を持つことで、そうした劣等感を払拭しイメージアップを図ることもできます。

自信をアップさせる

  • 身体を鍛える
    引き締まった筋肉質な体は見栄えがよく、スタイルが良くなれば自然と自信がつきます。姿勢が良くなる点も見逃せません。
    また肥満+薄毛だとより印象が悪いので、肥満の方はダイエットから始めましょう。
  • 教養を身につける
    知識や知恵をつけることも大きな自信につながります。話題も豊富になり、実生活でも色々と役に立ちます。薄毛+メガネで知的な感じを演出しても中身が伴わなければガッカリされてしまいますよ。夏目漱石、芥川龍之介、司馬遼太郎、村上春樹などの有名な作家の小説を読むのがオススメです。絵画や音楽に触れて感性を豊かにすることで人間性をあげるのも良いでしょう。
  • スポーツに打ち込む
    「身体を鍛える」に重なる部分もありますが、得意な(好きな)スポーツにのめり込み上達することで特技を増やし自信をつけます。
    「スタイルがよくなる」「ストレス解消になる」「知り合いが増える」などメリットが豊富です。
  • 趣味をたくさん持つ
    無趣味な人は色々なものに興味・関心をもつよう心がけ、とにかくたくさん行動を起こすことです。
    無理にでも積極的に行動していると、自然と考え方も前向きになり活動的になってきます。その中から熱中できるものが見つかれば、特技の習得、スキルアップ、ストレス解消、人間関係の構築にもつながってゆきます。

【関連項目】
リンク:男性の薄毛向けヘアスタイル薄毛に似合う髪型のポイント
リンク:色々なハゲの種類薄毛の種類別に見る髪型
リンク:格好いい薄毛男性画像集薄毛男性向けの髪型「ヘアカタログ」

スポンサーリンク

トップに戻る