メンズカットスタイル「刈り上げ」

男の髪型・メンズヘアスタイル
Sponsored Link


刈り上げとはどんな髪型?

画像:刈り上げ

刈り上げとは、髪のサイドの耳周りや、バックの襟足(えりあし=首筋の生え際)近くをバリカンやハサミで短くカットすること、またはそうした髪型を指します。
昔から児童や小学生の男子に多くみられる髪型です。「サザエさん」のキャラクターであるワカメちゃんの髪型がその典型ですね。

大人の刈り上げは、スポーツをしている人や年配の方に多くみられます。若い世代になると刈り上げそのものではなく、刈り上げデザインを取り込んだスタイルが多くなります。短く刈らずに、ある程度の長さを残してショートヘアやウルフカット、ボブ、マッシュカットなどにアクセントとして取り入れられたり、段階的に短くしするグラデーションボブなどに使われます。

刈り上げの特徴、種類など

画像:刈り上げショート

【見た目の印象】
刈り上げは部分的なショートヘアに分類されるので、ショートヘアの特徴である「清潔感」「清涼感」「すっきり」「清々しさ」「爽やか」「スポーティ」といった印象を与えます。

刈り上げる長さによっても印象が変わります。地肌が青々と透けて見えるくらい短いと、固めの印象を与えます。ある程度の長さを残すと柔らかく自然な印象になります。また、長い部分とのバランスも重要です。刈り上げ部分との境のラインをぼかすと柔らかさと動きが出ておしゃれな印象に、ラインをはっきりさせるとシャープでスタイリッシュな印象になります。

えり足はラインをまっすぐ揃えず、すきバサミ等でギザギザを入れると柔らかめの印象になります。
短く刈り上げる場合は地肌の色が目立つので色白よりも色黒の人の方が好印象でしょう。

テクノカット
刈り上げの種類 テクノカット画像
ツーブロック
刈り上げ種類 ツーブロック画像
ネープレス
刈り上げ種類 ネープレス画像

【刈り上げの種類】
刈り上げは仕上がりの長さや刈り上げる部分によって色々な名称で呼ばれます。厳密には別の髪型と認識されていますが、刈り上げを含むスタイルとして「テクノカット」「ツーブロック」「ネープレス」「GIカット」などがあります。

  • テクノカット: もみあげを鋭角に剃り整え、えり足を刈り上げた髪型 
  • ツーブロック : サイドの耳周りを短く刈り上げ、そこから上は長髪にして上から長い髪で覆った髪型
  • ネープレス : えり足を短くカットするスタイル。すきばさみで刈り込むことで、一定の長さを残し、毛先を揃えず自然な仕上がりにした髪型
  • GIカット : 短い角刈り。クルーカットとも呼ばれ、アメリカ兵などに多く見られる髪型

【刈り上げに適した髪質・髪の長さ】
刈り上げはどんな髪質、長さでもできますが、それぞれ仕上がりが違ってきます。
同じ長さに刈り上げても、髪が太い、髪の量が多い、直毛などはあまり地肌が見えません。逆に髪が細い、髪の量が少ない、くせ毛が多い人だと同じ長さでも地肌の見える面積が多く青々と見えてしまいます。後者のような髪質の場合は少し長めにカットしてから少しずつ調整しましょう。

Sponsored Link
ヘアスタイルごとに見るの刈り上げのポイント

ボブ、マッシュカットの刈り上げ

刈り上げボブ
画像:刈り上げボブ
ツーブロックボブ
画像:ツーブロックボブ

ショートヘアであるボブやマッシュカットは、刈り上げとの相性が良く、刈り上げデザインを取り込んだボブスタイルをよく見かけます。特にサイドだけ軽く刈り上げたツーブロックとショートボブの組み合わせが多いですね。

サイドやバックから見た時に、刈り上げた部分とボブの部分で色があまり変わらない位の長さにすると違和感なくおしゃれなスタイルになります。普段は刈り上げた部分がボブで隠れて見えないようなスタイルもオススメです。
えり足から上まで刈りあげるボブや、サイドを青々とするまで短く刈り上げるスタイルは、人を選ぶ組み合わせになります。ボブと短髪の両方が似合うことが前提です。バックをあまり上まで刈りあげ過ぎてもワカメちゃんカットのようになってしまいます。

ほぼ女性限定ですが、前下りグラデーションボブやワンレンボブのえり足を刈り上げるケースも多いです。これはサイドから髪のラインを真っ直ぐに揃えたり、普段後ろ髪に隠れて見えない部分を刈りあげて髪の厚みをなくし収まりを良くする目的で行います。

前下りグラデーションボブ
画像:前下りグラデーションボブ・ワンレンボブ

グラデーションボブ
画像:グラデーションボブ


ウルフカット、ソフトモヒカンの刈り上げ

刈り上げウルフ
刈り上げウルフの画像

ウルフカットやソフトモヒカンに刈り上げを加えたスタイルもあります。

ソフトモヒカンの場合、もともと短髪〜ショートヘアの髪型なので刈り上げは違和感なく馴染みます。特にベリーショートのソフトモヒカンの方は自然と刈り上げになるケースも多いでしょう。

ウルフカットの場合、やはり全体的に短めのショートウルフに刈り上げを合わせるのがベストです。その際、ウルフカットの要の一つである襟足は短めにして長さを合わせるのがポイントです。

その他

【自宅で自分で刈り上げをする場合】

画像:刈り上げバリカン

刈り上げは短くカットする分、髪の長さがきれいに揃わないと目立って不恰好になります。鏡を見ながら自分できれいに切り揃えるのはハサミでは無理があるのでバリカンを使いましょう。何段階かの長さに対応したアタッチメント付きのバリカンが市販されています。初めは長めにカットして、鏡で確認しながら徐々に短くカットしましょう。
刈り上げない部分との境が自然に見えるように、カットする長さには気をつけましょう。

【失敗しないためには】
最初はとにかく短くカットしすぎないことです。刈上げは長さを一定にせず、上に行くにつれて徐々に長さをもたせていくと違和感なく自然な仕上がりになります。

※他のカットスタイルの種類については「メンズカットスタイル一覧(種類別)」をご覧ください。

Sponsored Link

メンズカット「刈り上げ」 トップへ