くせ毛、天然パーマの男性向けヘアスタイル

男の髪型・メンズヘアスタイル
「メンズヘアスタイル」リスト 髪型」トップページ > その他髪のトピック > くせ毛が目立たない髪型、くせ毛風のヘアスタイル
Sponsored Link


くせ毛・天然パーマが目立たない「短髪」「ショート系ヘアスタイル」

くせ毛や天然パーマが目立たない、またはその影響が殆ど無い髪型は、髪の長さが短い「ショート系のヘアスタイル」です。くせは髪が長くなるほど大きなカールを描いて目立ちます。短髪、ショートヘア、ベリーショート、スポーツ刈等ならクセも殆ど気にならないでしょう。

短髪は見た目の印象が良く、万人向けの髪型

ショート系の髪型は、清涼感・清潔感・スポーティーな印象を与え、見た目にスッキリ爽やかなヘアスタイルです。短い髪に抵抗がある人も、一度思い切って試してみてください。自分では似合わないと思っていても、短髪は周囲から好印象をもたれやすく、悪いイメージを与えることはほとんどありません。

また、お手入れやセットがとっても楽で、髪の乾きも早く清潔に保てるなどのメリットがたくさんあります。

メンズ短髪

幸い、短髪が似合わない髪質や体型は殆どありません。太め(固め)の髪や、頭の形がキレイな人に特に向いています。向き不向きについては「髪・顔・体型から見たヘアスタイル」を参照してください。

頭の形が良くない場合は、形がわかる箇所の髪をある程度長めにしてバランスを取ると目立ちにくくなります。また強面(こわもて)の人は、スキンヘッドやベリーショートなど短すぎる髪型だと怖い印象を持たれてしまうので注意しましょう。

短髪にした経験が少ない人は、いきなり短くせず、初めはミディアムに近いショートにして、顔の正面、サイド、バックと、髪全体を鏡で確かめながら徐々にカットしてもらいましょう。

オススメのショート系ヘアスタイル

メンズベリーショート

スキンヘッド、丸刈り、一部刈り、二部刈りなどのベリーショート系の短髪は、アタッチメント付きのバリカンを使えば自分でも極めて簡単にカットができ、散髪料金もかからないメリットがあります。もともとショートヘアの経験が多く抵抗が少ない人や、薄毛や生え際の後退が進んでいる人にオススメです。

長期間短髪にしたことのない人は、初めて鏡で見た時の違和感が大きかったり、周りの人の反応が気になると思います。そんな人におすすめのスタイルを挙げました。

  • 現在の髪型をベースに「〜cmくらいカットしてほしい」といった具合に、スタイルを崩さずに短めにしてみる
  • ショート系のソフトモヒカン
    →他に比べるとカットやヘアセットに少し手間はかかるが、よりおしゃれなスタイルにしたい時
  • スポーツ刈り
    →無難で万人向けのスタイル
スポーツ刈りアレンジ
画像:メンズスポーツ刈り

(参考)スポーツ刈りについて

スポーツ刈りとは、頭の角を残し、なめらかにつなげるように刈り、前髪を少し長めにする男性の髪型。角を四角く残した刈り方は、角刈りとして区別される。野球などのスポーツをする学生を中心に流行ったのでこの名で呼ばれていた。
【出典:フリー百科事典「ウィキペディア」】

※短髪系のヘアスタイルについては、「薄毛に似合う髪型」でも詳しく解説しています。

Sponsored Link
くせ毛を活かす「くせ毛風ヘアスタイル」について

先に紹介した短髪・ショート系ヘアスタイル以外にも、くせ毛や天然パーマ向けの髪型があります。
それは特定のパーマをかけることです。パーマとは自然な髪にウェーブやカールといったクセを人為的に付けるものです。つまり自分の自然な髪のクセを生かせるようなパーマをかけるのです。

1.アイロンパーマ

画像:メンズアイロンパーマ

アイロンパーマとは、丸みのある円形のアイロンや、5〜6角形の多角形アイロンを使い、熱の力で髪にカールやウェーブをかける「くせ毛風」のパーマです。コテパーマとも呼ばれます。
元の髪がくせ毛・天然パーマの場合、見た目を大きく変えることなくおしゃれな感じに変えることができます。

【特徴】
・くせ毛風の自然でナチュラルなヘアスタイル
・かなり短い髪にもかけられる
・パーマが長持ちで、セットや手入れが簡単(乾かして手ぐしだけで十分)
・おしゃれなスタイルから、パンチパーマまで、様々なアレンジができる
【関連項目】
アイロンパーマについて(より詳しい解説)  ・形状記憶パーマ(ホットパーマ)
パンチパーマについて

2.ピンパーマ

画像:メンズピンパーマ

ピンパーマとは、髪の毛の束をピンや指にくるくると巻きつけた状態でかけるパーマです。
緩めのウェーブやカールがかかり、髪の流れが一定にならず、無造作感、くせ毛感のあるナチュラルテイストな仕上がりになります。

【特徴】
・巻きつける物や巻き方によって様々なアレンジが可能
・短髪、ショートヘアはもちろん、細いピンを使えば2〜3cmというベリーショートでもかけられる。
・ツイストパーマ、ツイストスパイラルパーマ、アフロヘアなど色々なパーマに発展させることができる。
【関連項目】
ピンパーマについて(より詳しい解説)

3.ツイストパーマ

画像:メンズツイストパーマ

ツイストパーマとは、 髪の毛の束をねじり、ねじった毛束を更に指に巻きつけた状態でパーマをかけたものです。「ツイスト」=「ねじる」という意味です。指に巻くことでカールがかかり、更にねじりによって髪の毛1本1本に細かなウェーブがかかります。

【特徴】
・ねじる毛束の量、ねじりの強さ、巻きの強さや大きさによって、カールやウェーブの大きさ・細かさが調整でき、仕上がりの印象を自由自在に変えられます。
・ 指に巻ける長さ(5cm位)があればショートヘアでもかけられます。
【関連項目】
ツイストパーマについて(より詳しい解説)

4.その他「アイパー」

画像:メンズアイパー

アイパーはくせ毛を生かした髪型ではありません。平型アイロンや平ゴテを使い、髪にウェーブをかけず、ストレートの状態でぐるっと曲げるパーマです。
アイパーはストレート系のカッチリした髪型で、スタイルの形状記憶力が強いので、クセが目立たなくなります。

【特徴】
・カッチリとした固めのヘアスタイル   ・ 短めの髪にもかけられる
・アイロンパーマ以上に形状維持力が強く、雨や水をかぶっても崩れにくい。手入れも簡単。
【関連項目】
アイパーについて(より詳しい解説)




【その他の「くせ毛」関連項目】

Sponsored Link

「男の髪型」トップへ